考えて借入すれば怖くない

考えて借入すれば怖くない

お気に入りのショルダーバッグ

このところ就職活動に力を入れているのですが、思ったような成果が得られていません。数年前までは1月くらいでは次の仕事が見つかっていたのに、最近は求人広告の数はあるのですが、私の希望する職種がなかったりと無駄足になる事が多いのです。

 

そのような時にいつも肩から提げているのがお気に入りのショルダーバッグです。これは、結構なブランド物であり、買った当初はお金を借りて買いました。それくらい欲しかったバッグでしたが、現在は就職活動の際に毎日使っているという悲しい状態になっています。

 

このバッグを購入する際には、ある程度の収入があったのでお金を借りて物を買うのは当たり前のことでした。それくらい収入が安定していることに自信があったのです。

 

お金借りること事について思ったこと

最近お金を借りる事に対しての考え方が変わってきました。以前までの私は、絶対にお金は借りないという考えを持っていました。やはり借金があると利息が発生してしまうため、余分なお金を支払うことになります。それがとても勿体無いと思っていました。

 

ですから必要な物を買う時には、時間が掛かっても良いのでお金を貯めてからという手順を踏んでいました。これは堅実性ということを考えると、非常に良いことです。

 

それが最近は、必要な物を買うために時にはお金を借りることも必要だと思うようになりました。例えば結婚して家族が増えた場合、お金が貯まるまで家を買わないとなると、不自由な生活になりそうです。それならば住宅ローンを組み、自分の家で生活した方が快適です。

間接クレジットカード

間接クレジットカード使用の進め方は単純です。
クレジットでそのまま取引できない品物を直で払うのではなく、遠まわしに取り寄せするのがいいのです。
説明が簡素なのでまずはある商品券の実例を用いて話してみたいと思います。

 

とある男性が素晴らしいコートを購入したいと思案しているとします。

 

その一流のカバンを販売している店舗では購入したくてもクレジットカードで払う事が無理です。

 

けれどもJCB、MasterCard、Diners clubなどののギフト券を使用すれば購入を許可してくれるのです。
そこでモデルとなる女性はクレジットカードで商品カードを発注してギフトカードを売っている店舗に行きカードを用いてVISA、American Express、Diners clubなどのギフト券を買い付けしてみます。

 

そうして用いたカードを用いて注文したVISA、American Express、NICOSなどの商品券を販売店に携えて足を運び、購入したかった一流のカバンを買ったとします。
「一体どうして人物はそうした手の込んだやり方をしなければいけないの?」と思う事もあるかもしれませんが、実をいうと解説した方法を使うのであれば本来なら手に入れられることのなかったクレジットポイントがつきます。
普段通り、お金を支払う事で一流のバックを買い取りしたりした時はカードローンポイントはもらえませんしVISA、American Express、NICOSなどののギフト券を即金で購入して活用してもポイントは貯まりません。

 

でも今話したケースであるならJCB、MasterCard、NICOSなどの券をクレジットカードで購入したので価値のあるアクセサリーを購入した分と同じような分のクレジットカードポイントがもらえるようになります。
こういう事例が遠まわしにカードを運用した事になっているので間接カードと言われる手順です。

自分の条件にあうキャッシング会社選び

手当たり次第キャッシング会社に審査を申し込むのはNGです。かたっぱしからそういうことをしていくと、返済
能力がないとみなされ審査がおりません。必ずひとつに絞ってから審査をうけたほうがいいです。ということで
ひとつにどうやって絞っていくかというところです。大切なのは自分の条件にあう会社を選ぶこと。自分の属性を
考えましょう。学生、アルバイト、主婦、会社員、役員、個人事業主・・・。考えるとたくさんでてきます。学生
アルバイト、主婦とかは安定した収入の見込みがあるかどうかできびしい審査になっていきます。そういったとき
に学生ローンやレディースローンがある会社をさがします。条件にあった審査で融資がおりるのが少し簡単になったり
する場合があります。普通の一般のキャッシング会社よりもこういった条件で申込みできるところをさがしましょう。

何度も友達からお金を借りている

私の学生の頃からの友人で、今でも毎日のように連絡を取り合っている人が四人ほどいるのです。とても仲良しで何処に行くにも五人全員が揃っていくような感じです。

お酒を飲んだりして楽しむ時には、全員参加が決まりとなっているのですが、私は収入が安定していないのでいつもお金を借りることになっています。給料日にはこれまで溜まっていった借りたお金を友人達に返すのですが、またしても給料日前にはお金を借りています。

すでに友人達も諦めているというか..飲みに行くときにも私の分のお金を準備してから行くのです。「今日は居酒屋で全員集まると言ってるけど..」という質問の答えは「今日はお金がないので..」なのです。結局お金を借りて行くのですが。

私としては何時までも甘えてるわけにはいかないので、状況を改善する方法を考えなければいけません。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ